限りなく透明に近いスペック

PR

とどくといいな スペック

本日2回目の商品紹介です。

[ MOJITO ]の2017AUTUMN&WINTERの新作から、

コットン×リネン×ラミーのネル素材の”ABSINTH SHIRT Bar.2.0″を紹介します。

MOJITO  /  ABSINTH SHIRT Bar.2.0

color : NAVY ・ BROWN (COTTON88%×LINEN6%×RAMIE6%)

size : S ・ M ・ L

           ¥24000(税抜)

かつて悪魔の酒として多くの作家や文化人を虜にした本物のアブサンのように

「袖を通した人を虜にする着心地」を追求して生まれた

[ MOJITO ]の代表的なシャツ”ABSINTH SHIRT”。

オープンカラーのシャツと言うと

普通はボックスシルエットでカジュアルな縫製がほとんどですが、

アブサンシャツはドレスシャツの縫製で

全体のフィットは適度なゆとりがありながらウェストは若干シェイプされ

肘から先は若干細めになっているなど

[ MOJITO ]ならではの独特なスペックとバランスでデザインされています。

肩のヨークは動きやすさとフィット感を高めるためにスプリットヨークを採用し、

裾は前より後ろが少し長く、サイドスリットに5角形の力布を付けて補強しています。

カフスには折り返す際に綺麗に折れるように中心にステッチを入れて

ステッチの上部(袖側)だけに薄い芯地を入れています。

素材は、コットン88%×リネン6%×ラミー6%のネル素材で、

コットンの柔らかさと麻特有のシャリ感を併せ持った独特な素材感です。

小さめのドット柄なので、コーディネートの程よいアクセントになりますよ。

ぜひお店で実際に着てみて下さい。

それにつけても、おやつはスペック!

土曜日は夜旭ファミリーゴルフへ。

アプローチばっかり900球。

PW(MCI60S)で転がしてて思ったんだけど、もしかして転がしってシャフト軽いほうが打ち易い?

後半は30yを多めに。

SM450度、思った以上に出球が低い。PWで打ってるのと大差ない。

もうちょっと高くてもいいような。

試しにMCI SOLIDかなんかにリシャフトしてみようか?

今日は伊勢原ゴルフセンターへ。

リシャフトしたBALDO568UTの受け取り

NGS PAR-PACEからMCH 60Sへ。

スペックは40.75inch、348g、D1.0。

重量は結構軽くなった。

打ってみた感想。

以前ANSER UTにMCH70入れたときと同じくやっぱ結構大きく揺れる感じ。

慣れるまで結構球数必要っぽい。

ヒッカケは全くでない。ちょいプッシュが多めぐらい。

これは結構ありがたい。

まあ悪くはないかな。

アイアンはPWがどうも打ちにくい。

前回ちょっとアップライトにしたのが裏目った?

アイアンのMCI60S、全体的にやっぱりちょっとアンダースペックかも?

ちょっと手元が浮く感じでハーフトップが結構混ざる。

リシャフトすると高くつくからとりあえず手元に鉛でも貼ってみようか?

PR

コメントは受け付けていません。