特集!スペック情報

PR

スペック原理主義者がネットで増殖中

このブログを書くにあたっての経緯をまず書いていきますね。

婚活が叫ばれて久しいですが、自分も40代半ばに入り、新しい出会いがなく自力では結婚できないと思ったので、婚活をということに至りました。もうこの年齢なので、幾人かとはおつきあいしてきましたが、結婚まで至ず

経歴。
土日休みの普通のOLさんともつきあったり、職場内恋愛とかありましたが、サービス業という職業柄、休日も不定期ということもあって、長続きしませんでした。

自分が30歳くらいの時、おひとりは結婚したいナと思っていた3歳年下の女性とつきあっていたものの、その後 上流階級のお嬢様ということがわかり、こちらよりお断りしました。お相手は自分の人柄を見てもらえて、結婚する気 満々のようでしたけど、いわゆるマスオさんにならないといけなくて・・・昔から「米糠(こぬか)三合あれば養子に行くな」っていうじゃないですか。決して先方が悪いということはなく、実質上の婿養子に行かなくてよかったなら結婚してたと思います。

41歳の時、戸建てを新築し、母とともにゆったりと暮らしてます。精神的にも人生の中で今がイチバン落ち着いてるような気がします。

母と同居しなければいけないという話はおつきあいが進む中、結婚の話が出てきて煮詰まってから伝えたいと思いますが、そこまでいってないんですね

人物像(執筆時点)

  • 大阪府在住、1971年生まれの45歳。
  • 職業:会社員。
  • 高卒後、1990年(平成2年)今の会社に入社。ちょうどこの4月で勤続 満27年。
  • 職種:食品スーパー。早くから売り場を任せてもらい、人の上に立たせてもらいました。
  • 職業柄、食品を扱うので知識もあるので料理はそれなりにこなします。ウチの職場はまったく料理ができないという男性はいないです。普段の買い物も当然ながら得意です。主婦より詳しい
  • 年収:400万円台
  • 家:自己名義の戸建て持ち家。4LDK南向きで日当たり良好
  • 趣味:広く浅く。
  • クルマ:2L車に乗ってます。
  • 性格:基本的にポジティブ派。職業柄、暗くはないと思います。
  • 容姿・体形:168cm、56kg。やや細身。顔は小さめ、あごは細く加齢で薄毛気味。

スペックは年齢を除けば特に突出した部分もなく至って平凡。懸念材料は不定休と年齢ですね

でもアピールポイントがあります。毎日 食材に囲まれて仕事しているので、料理はそれなりにこなせます。流しの片付け、洗濯もできますし、苦ではないです。それこそスーパーでの買い物は得意中の得意あたりまえか(笑)

こんなオッサンが結婚できるのか
世の中の動向や現実、自分の気持ちを踏まえて、ブログを書いていきたいと思います。

スペックはなぜ失敗したのか

昨日、お茶会に参加希望の方が3名いらっしゃいました
興味を持って下さり本当にありがとうございます
ご連絡を頂く度に、きっと皆様の想像以上に嬉しがっている私たち笑
まだまだ募集しておりますBKKお茶会はです

さて、Mioから

アヴァニリバーサイドホテルよかったよ?
と教えてもらい、早速予約した昨年の2月の三連休

年末年始にオススメの理由を書きましたが
今日は土日を利用しての
1Dayトリップ
にもオススメの理由を書かせて頂きますね
アヴァニはなんといってもコスパが最強
宿泊料金は一泊一部屋朝食付きで
6000バーツ(約18000円)くらいでした
このホテルのスペックに対してこのお値段は
とってもお得に感じます

エントランスにはバレンタインデーの赤いお花が飾ってありました
洗練された薔薇のアレンジメントが映えますね
館内はどこもピカピカで明るく清潔感にあふれています

チェックイン後、遅めのランチへ
すぐお隣にあるアナンタラバンコクリバーサイドのイタリアンへ行ってきました
アヴァニとアナンタラは連絡通路で繋がっており、自由に行き来することができます
テラスで頂いたピザは具沢山でモチモチ
やんちゃ盛りの息子に塗り絵セットも貸してくれました

ランチ後は館内を散策
最先端ホテルのアヴァニに対して
老舗ホテルのアナンタラ
緑豊かな庭園やクラシックな趣きのある建物から
老舗南国リゾートの風格が感じられます
全く雰囲気の違うホテルを一度に味わえるのも
アヴァニに週末ステイするメリットのひとつですね

二日目の早朝、家族でプールサイドにお散歩に
ちょうど太陽が昇ってきて、言葉にならない美しさ
刻々と色が移りゆく朝焼けの空を眺めていました
夜にはルーフトップバーになる
‘ATTITUDE(アティテュード)’はプールのすぐ横にあります
他に移動せずともバンコク名物のルーフトップバーを楽しめるアヴァニ
小さなお子様連れや女子旅でも、なにより気軽ですし夜遅くなってしまっても安心ですね
二日目の朝
ロビーと同じ11階にあるレストランへ朝食に
あれ食べたい?と手を引かれています笑
朝陽が差し込む大きな窓から、きらきらと光る川面を見ながら頂く朝食
なんだかいいことありそうな一日の始まりです
朝食はビュッフェ形式で
洋食、タイ料理、和食とそろっており
大人も子供も満足できる内容でした

朝食後はプールでぱちゃぱちゃ
絶景の中で男同士の友情を深めるふたり笑
一泊とは思えない程の満足度でホテルを後にしました
バンコクの喧騒から逃れて、
のんびりチャオプラヤー川のほとりで過ごす一泊二日
リフレッシュできること間違いなしですよ
初めましての方へ

私達の自己紹介はこちら、・

なぜブログを始めたの??理由は


Instagramもしています

よかったらのぞいて下さい



ランキングに参加してます
クリックしていただけると励みになります

PR

コメントは受け付けていません。