礼儀 おいしさと楽しさと健康と

PR

礼儀の最新情報

11月26日(日) 10時起床。お気づきだろうが、毎日10時起床である。できれば8時とか9時とかに起きられるようになりたいと思っているから毎日わざわざ起床時間を明記しているけど、一向に起きられるようにならない。ちなみに寝る時間はいつもだいたい2時~3時といったところ。つまり7~8時間は寝ている。私は基本的に寝るほうである。これ以上育ってどうするつもりなのか。  山田氏は早々にroomへ。今日は『知らない異性10人と話す会』なので、スタートは15時なんだけど、その前に買い出しやら仕込みなど、やることは山ほどあって、10時に出勤しても5時間なんてあっという間だ。 商売的な話をすると、こういう会を開くことによって会費4千円×20人なので8万円の売り上げが確実に立つ。 会は15時から17時半までなので、2時間半で8万円と考えると効率がいいが、その前に仕込みや準備は10時からやっているし、終わった後の片づけは19時半までかかった。つまり9時間半は費やしていることとなり、しかも山田氏が料理とお酒、私が司会進行と洗い物をしたうえでだから、私と山田氏の関係でなかったら本来はバイトを雇わなくては成り立たない。 飲み放題とはいえ、山田氏は妥協なくフレッシュフルーツをふんだんに使ったカクテルを出すし、「4千円の会費は高くなかった、出逢い以外の部分も満足!」と感じてもらいたいからグラスが空になったらすぐに次のお酒をどんどん出すし、惜しみがない。そうなると当然原価だってかかるし、飲食店で儲けるのは本当に大変だなあと隣で見ていてつくづく思う。 なので、お皿洗いとか、そういうことじゃなくて、こういうイベントの企画手伝いとかで手助けになれればいいなあと思って「私のやれること」をやっているといった具合。     さて、肝心の『知らない異性10人と話す会』の中身。 これが、やっぱり2回目も好評であった。 1人の人としっかり10分間向き合って、お互いの「キーワード」が書かれた紙を見ながらとなると、「話すことがない」状況にはそうそうならない。 たかが10分、されど10分。中身まではそりゃあちゃんとわかるわけではないけれど、空気感とか、テンポとか、そういったものならじゅうぶんわかる。 おとなしい雰囲気の、落ち着いたタイプの女性が、おとなしい雰囲気の、落ち着いたタイプの男性とお互いの名前を書き合ってマッチングしていたのは「なるほどな~この2人なんか合ってる感じするもんな~」と思ってしまったり。 正直、このマッチング集計作業がとても楽しい。 皆さんにそれぞれ5人まで気になった異性の名前を書いてもらって、マッチングした同士にお互いの連絡先を教えるシステムなので、その後きちんと連絡を取り合うか、デートをするまでに至るかどうかは当人同士にしかわからないのだけど(第一回が終わった後にはデートしたなどのご報告を頂いております。カップルも誕生しました!!)、誰が誰の名前を書いたか、の時点で「お~、なるほどな~」という結果が出ます。 ここでひとつだけはっきり言えるのは、「数多くの人の名前を書けばマッチング率が上がる」。 これって、「当たり前じゃん」と思いますよね? 1人の名前しか書かなかった人は、その相手とマッチングしなかったら終了だけど、5人の名前を書いた人は、そのうちの1人でも2人でも、相手も自分のことを書いてくれれば、マッチングします。 「あたりまえ」のことなのに、5人の名前を書かない方って、意外と多い。(男女共に) そりゃあ、「書きたいほどの人がいなかった」のならしょうがないでしょう。無理に書く必要はない。 でも、5人の名前を書いている人が「無理して5人書いているか」というと、そうではないんです。 終わった後のやり取りで「素敵な方ばかりで、5人に絞って選ぶのが悩みました笑」という方もいらっしゃったのです。 「ストライクゾーンが広い」とも言えるけど、「相手のいいところを見出すのがうまい」とも言えますよね。 さらにおもしろい傾向として、「5人の名前を書いて、5人全員とマッチング」しちゃう人も、第一回目の時も、第二回目の時も、数人いらっしゃいました。 これって「心を開くのがうまい(自分のも、相手のも)」んじゃないかなあと思えたんですよね。 まずは、自分から「いいな」の幅を広げるのは大事なのではないかと思うのです。5人書いていいのに、とりあえずでも書いてみないなんてもったいない! (そうでもない相手の名前をとりあえず書いたのに、相手からは書かれていなかったら悔しいとか悲しいとか、逆にマッチングしちゃってもめんどくさいとか、いろんな心境があるのかもしれないけど) 書きもしなかったら、書かれているかどうかもわからないんだよー!   必ずしも、ルックスがいい「いかにもイケメン」「いかにも美人」な男女ばかりが書かれているわけではありません。 よく笑う人、そして礼儀正しい人は人気が高いように見えました。 って、いろいろ観察しちゃってごめんなさい(笑) 次の開催時に、もしくは今後の出逢いに活かしてもらえればなあと思って。 「彼氏彼女が欲しいのに出逢いがない」素敵な男女、多すぎよ!!   次回の開催はまだ日時未定なので少々お待ちを☆         山田氏と打ち上げ、久々に正時浪のもつ鍋ー!       ぶりんぶりんの牛モツ、こくうま~~   しかし先日の飲みすぎ・吐きすぎで内臓が弱っていてあまり食べられず具合が悪くなりました……チーン     さて、明日から3日間、母と金沢旅行にいってきまーす!! 安定の雨女、2日目3日目が雨予報出てるんですが……チーン 

遠く離れていても、礼儀を見上げれば、同じ空を見れる。

それでは2回目です。 Curiosity Killed the Cat? (2) SUMMARYSalmans says complements can be taken the wrong way. And people even run the risk of being accused of sexual harassment. Ueda doesn’t see anything wrong with such remarks. And Alvarez says the tone and how well we know the person can be important factors. Ueda promises to be careful. And Alvarez complements him on his tie.  VIGNETTEUeda Shota: You can’t complement a co-worker on the way they look or drees? Chuck Salmans: Well, that’s a very delicate area. Some people think it’s all right if it’s clear you’re making a sincere complement as opposed to empty flattery or flirting. But you have to be careful. Such remarks can be taken the wrong way. In a worst-case scenario, you could even be accused of sexual harassment. Ueda Shota: My goodness. I don’t think there’s anything wrong with telling a female co-worker that she looks charming if she has new hair style, for example, or telling a male colleague that his necktie looks cool for that matter. I think people appreciate comments like that. Nancy Alvarez: I understand, Shota. I suppose a lot depends on how well you know that person and the tone you use when you pay them that sort of complement. Some people are very sensitive when it comes to comments on their appearance. I’m okay with that. But some people aren’t. Ueda Shota: Understood. I’ll be careful in the future. Nancy Alvarez: I like your necktie, by the way. Ueda Shota: Ha-ha. Thanks, Nancy. Lidia Grace: I think it’s also bad form to talk about your socio-economic status in the office.  WORDS AND PHRASESdelicate 微妙な/繊細な/デリケートなUp at the top Salmans says “Well, that’s a very delicate area”. He means we have to handle the situation carefully. You know, so that people don’t get upset or angry. Things like “Management and labor are in delicate negotiations over cutting wages”. Delicate can also mean fragile, easily broken. Like “Carry those plates carefully. They’re very delicate china”. sincere complement 心からのほめ言葉as opposed to ~に対立するものとして/~とは対照的に empty flattery or flirting 口先だけのお世辞や戯れEmpty flattery is insincere, just said to get something from the other person. You could say “I told Bob I really liked his idea. It wasn’t empty flattery. I do like it”. And likewise “empty promises! are just talk, we don’t keep them. Such as “He made a bunch of empty promises to help me find a job. But he didn’t do anything”. empty 口先だけの/空虚な can be taken the wrong way 誤解される場合がある/誤解されかねないCan be misinterpret. Imagine you gave a co-worker some criticism. You know, you suggested changes in her work. She gets upset. You think “Oh, she didn’t mean she was stupid but she took my comments the wrong way!” We also say “Don’t take this the wrong way” meaning “Please don’t misinterpret what I’m going to say” or “Don’t be offended”. You might tell a co-worker “Please don’t take this the wrong way, but your perfume is too strong for the office”. be accused of ~で告訴される/非難されるBe charged with some fault or crime. To have it said we did that bad thing. This can be a punishable crime. Like “He was accused of embezzlement”. Or “She was accused of sabotage. Or just unacceptable behavior. “He was accused of being lazy and careless”. 「実際に法的に告訴される」と「非難される」の二つの意味がある。embezzlement横領の場合には「法的に告訴される」sabotage 故意に生産を送らせたりすること/破壊行為 sexual harassment セクハラ/性的嫌がらせmy goodness 何とまあ/それは驚きだcool 素敵な/かっこいい for that matter そのことについては/ついでに言えばRegarding that subject, on that subject. Ueda is adding more commentary, more information to a discussion. I could say “I’ve never been to Kenya, or anywhere in Africa for that matter”. appreciate 喜ぶ/感謝する tone 口調/調子Down towards the bottom, Alvarez says a lot depends on the tone you use when you pay them that sort of complement. understood わかりましたThis is a way to say “We understand what someone told us” or “Yes, we’ll get that done”. Imagine you’re told you have to submit these tax forms by Friday. You’ll reply “Understood. I’ll hand them in by Friday”. Alvarez: I understand, Shota.もほぼ同じ意味。よりインフォーマルには:(I) gotcha. 了解 I’ll be careful in the future. 今後は気をつけますFrom now on, on future occasions. Let’s say I get the date of a party wrong. So I say “I’ll make sure to double check the time and date in the future”. socio-economic status 社会経済上の地位 by the way ところでDown towards the bottom, Alvarez says, “I like your necktie, by the way”. This can be used two ways. One is stating additional information, the other is casually bringing up a new subject. Such as “Susan speaks three languages. So does Jacob, by the way”. Or in the middle of different conversation, you could say “Oh, by the way, when was the tax form due?” bad form 礼儀に反する/エチケットに反するAt the very bottom, Grace says, “it’s also bad form to talk about your socio-economic status in the office”. It’s inappropriate, it’s against rules of conduct and decorum. Things like “It’s bad form to interrupt the colleague during a meeting”. Or “It’s bad form to ask about people’s child rearing plans”. child rearing 育児(「英辞郎 on the WEB」) decorum 礼儀正しさ/作法  WORD WATCHIn a worst-case scenario最悪のシナリオでは ゴガクルの解説より:「危機管理における最も重要な考え方で、予想される最悪の状況を考えてみることである。Hope for the best and prepare for the worst. は、「最高を望み、最悪に備えよ」の意味のことわざ。」http://gogakuru.com/english/phrase/103366  SAY WHAT YOU MEANsincereSomething that expresses a genuine honest feeling is sincere. Such as “I think his apology was sincere. He feels terrible”. payAnother way to say give someone a complement is pay them a complement. For example, “She paid him a complement but he didn’t say thank you”. pay someone a complement 人をほめる formAn action that is socially inappropriate or rude is bad form. As in “In Japan, it’s bad form to stick your chop sticks in your rice”. 社会的に不適切な行為や無礼な行為をbad formという。  QUOTE UNQUOTEDon’t walk in front of me, I may not follow. Don’t walk behind me, I may not lead. – George Sand (French novelist) 私の前を歩かないでほしい。私はついて行かないかもしれない。私の後ろを歩かないでほしい。私は導かないかもしれない。 – ジュルジュ・サンド (フランスの小説家)  Hope for the best. And prepare for the worst.は、今週のラジオ英会話にも出てきましたね。 2回目は難しかったです。サルマンズのflirting、聞き取れませんでした。あとハワード先生の解説の最後、decorumも杉田先生の解説がなければ聞き取れずに苦しむところでした。 それと、最後のQUOTE UNQUOTEですが、ジョルジュ・サンドの言葉としてはこの後、There is only one happiness in life, to love and be loved.と続くそうです。 フランス文学の知識は全くないのですが、年代からいって、オリジナルはこのジョルジュ・サンドだと思いますが、同じくフランスのアルベール・カミュも同じ言葉を使っているようですね。 こちらのほうもなかなか素敵だと思いました。 Don’t walk behind me; I may not lead. Don’t walk in front of me; I may not follow. Just walk beside me and be my friend. – Albert Camus

PR

コメントは受け付けていません。