みいを通販サイトで検索、頑張った自分へのご褒美にもいいのではないでしょうか

PR

みんな大好きみい

今日は療育園の親子通園日でした。

みい子のクラスは、園バスにて「○○○科学館」へお出かけ。
お昼ごはんは、外でお弁当を食べる、というプチ遠足のようなものでした。
数日前、この親子遠足のお便りを見て、「科学館!?外でお弁当!? ハードル高いなぁ」休んじゃおうか?と悪魔のささやきが聞こえてきましたが、頑張って行ってきましたよ(笑)
園バスに乗って30分くらいで到着。
バスから降りて、はい、みい子さん歩きません。初めての場所だからか、ただ歩きたくないだけか。
無理やり立たせて、後ろから脇を抱えながら、イチニ、イチニ、と歩かせたり、抱っこしたり。
今日は8組の親子が参加だったのですが、みい子以外は皆スタスタ歩いて行くよね?。
親子通園に行くと、みい子は知的だけじゃなく、身体にも障がいがあると改めて痛感します。
まあ、みい子の場合、歩かないのは気持ちの問題もあるのですが。
でも流石に療育園3年目ともなると、そんなことは想定の範囲内。
歩かないよね?。床にベチャっと伏せちゃうよね?。科学館、特に興味示さないよね?。
だよね?、っと初めから思っていれば凹むことも無い。
無理に楽しませよう、とか参加させなくっちゃ、とか思うのやめました(笑)
あくまでもみい子のペースで。
あ、でもお外でのお弁当は、お天気もよくて日陰はなかなか気持ち良かったですよ。
みい子も嬉しそうでした。

みい 奇抜は風化する、本質は残る。

調停人さんから聞いて驚いたのは、夫が
会社から給与が1円も出ていない
と言い切ったと。

社会保険料払ってないからですよ、と言ったら、なるほど傷病手当あるし、月給ないのにボーナスもらえるって言ったから意味がわからなかったそうです。

嘘ばかりで辻褄が合っていない


その時はそう思ったのですが。

実はそこは嘘ではありませんでした。
少し後で私は知りました。


翌月に2回目の調停。
結婚記念日前日。
それまでに年金分割の書類や登記簿を揃えます。

帰り際、男性の調停人さんに

くれぐれも体に気をつけて
と言われました。
これは、調停人さんの経験値からの発言だったのか、はたまた預言か。
この後私はストレスで1年で20キロも太ってしまいました。

担当官が「離婚調停の資料も作らないとね」と言ったので「もうあります」と言ったら、男性調停人さんに比べ中立だった女性調停人さんが、大きく「うんうん」とうなずいてくれたので、やはり弁護士さんは不要でした。自作資料で間に合いました。

調停時、自分の面談時間以外は、申立人待合室というところで待機します。

私以外の人はみんな弁護士さんとご一緒でした。


研修で同行していた新米弁護士が生損保に疎く、ツッコみいれかけました。

部屋行く前に大声でベラベラ話して、金持ちアピールしてた人が、思い切り泣いて帰ってきました。
保険料を止めるって言われただけで泣くなよ、こっちは失効してんだよばーか、と言いそうでした。

そうです、夫は私が家を出てすぐ生命保険を解約していたのです。

すずめの涙の解約返戻金のために。

子のことを考えろ!

この時、申し立てを婚姻費用と離婚それぞれ別にしたのは、離婚調停にまとめると、今の生活費をもらうタイミングが延びてしまうから、という理由だったのですが、夫が想像以上のクズだったので二度手間でした。

帰宅すると子に長々と、父はお前のことが大好きだとかなんとかLINEが来ていて、片頭痛持ちの親子2人で鎮痛剤を飲みました。

子がLINEブロックしたいと言うので、トーク画面のらスクショを私に送らせて、ブロックしていいよと言いました。
子は食い気味にブロックしていました。
家族から離れた夫は、欲のまま生きる野生動物になっていきました。
それは、夫の会社へ連絡した時に、思い知らされました。

PR

コメントは受け付けていません。