みいはどこへ向かっているのか

PR

みい 山の水より海の水

今日放送のやつ

第1話
呪われた的なマンション
都内某所といいながら、
絶対違いそうなマンション
2回飛び降り続いた
1人目リーマン
2人目管理人
話を送ってきた、謎の人物が
犯人なのでは?
そう思うと怖い話
しかし、ノープランで
決心顔して、夜にマンションにいくのか?
逃げ惑うし、
なぜ?
南無妙法蓮華経ぐらい唱えろや
ヽ(´Д`;)ノ
この人拾ってくれた会社は
ここだけでしたって
言ってた割には、
辞めて縁切ったって話のオチ
( ??_?? ).。o?
疑問だけが残るなー
第2話
アパートの壁のシミ
大家にいえ
これで、済む話のようなもんですが
若いお姉ちゃんは迷走します
紹介で霊能者みたいな人と面談します
そっちのほうが怖い
しかも、霊能者
生霊は彼氏だって、外してるし
壁に生霊を飛ばせるなんて
今どきの女の子は
LINEよりすごいじゃーないですか?
女子の友情なんて、薄いもんだったらしく
なんとなく、疎遠になった感じもします
霊能者の人に顔をみたら
近しい人だからみてみいって言われて
見れる?
今どきの女子は
強いのう(●’w’●)(((*´艸`))・゚プププ…
で、友だちだったんで、
お悩み解決みたいでした、
生霊とばせるのも、
個性ってことでしょうか、
(´∀`*)ウフフ
第3話
開かずの蔵の、呪いの箱みたいな
と、今なんですわ
書いててよく見てなかったけど
温水洋一がでてた
依頼されて、蔵の中を処分らしい
イワクノアリソウな、箱を
イケメン君が
ガッツリ触って
霊障なりが起こるらしい
触っていけん箱らしい
妖怪ハンターみたいな話になってきた
箱の中身は、7本の切り取られた腕でした
もう、ミイラ化してたみたいで
旧家の繁栄のために、作られたそうで
妖怪ハンターやん
で、
で、
処分屋さんの社長が、霊能者ポっい人で
なんやら、目利きしたのち
まだ、使える3本の腕を
自分の会社の神棚に御迎えしたんですよ、
妖怪ハンターやん
え、工エエェェ(´д`)ェェエエ工
すごいよな、商売人って
って、妖怪ハンターやん
と、イケメン君は今日も
3本の腕に怯えながら
業務をこなすそうです
箱をうしなった旧家は
みるみる没落したそうです
温水洋一だしな
第4話
女の人の幽霊みたこと話すと、死ぬよ的な
テレビだよ、
ヾ(´Д`;●)ォィォィって思いながら
怖いところは見ないって決めてみてます
日本全国に話してるよ
大丈夫なのか?
花嫁衣裳のご遺体を掘り起こした
みたいです
寺に預かってもらって
一安心
ぽろって父さんにいうと
一週間でご他界
Σ(゚□゚)呪いか?って
またまた心配になってたとき
玄関先に
わたしのお墓はどこですか?
って、
Σ(||゚Д゚)ヒィ~!!Σ(||゚Д゚)ヒィ~!!
何回いうねん、
10回クイズなのか?
止めてー
お化けさんらしき人も
(??д?)オイコラッ的に乱暴になってきたし
頭を下げたら消えた
やはり、
礼節は大事
と、おもったら
不法侵入で後ろいた
Σ(||゚Д゚)ヒィ~!!
オチは何も解らないらしく、
え?
とにかく、話すなってことですが
頭にもどって、テレビですよ
(・ω・`*)ネー?
第5話
死に部屋
病院でねその部屋はいると、
死んじゃうんだって
新しい死刑制度ハッケ───(b”3`*)───ン!!
じゃ、ないですか?
DAIGOの奥さんのケイコさんが、
山田くんの奥さんのケイコさん的に
書いてしまいましたが、
ナース服姿ですよ、
(・∀・)イイネ!!
GOOD☆( ゚Д゚)b
鼻血ブーですよ楽しみですね、
あ、
主任だって、萌えですね
夜勤2人だけなんだ、
誰もいない部屋のナースコール
嫌がらせとしか思えん
患者さんが入ってもすぐ死ぬらしく
お化けさんは
1人ボッチでご他界が御執念に、
入る人
入る人に自分の名前をトレース
それにつれ、急変してご他界
そして、弟さんがその死に部屋に
入ることに、
個室なんだよね、シャワーもついてないし
なんか変な部屋
弟、部屋拒否
( 笑 )
弟、中二病
あんな美人すぎる姉ちゃんいるのにな
もったいないお化けでるで
あつしの運命は?
死に部屋にイター、
なんかブツブツいってる
骨折で入院だからな、急変って
お化けでも難しいよな
連れていくならわたしを、って
お化け軍団に立ち向かったら、
消えた
少し上品すぎるオチですよね
うちの子にそんな、
お化けでたら、
横山やすし憑依させて、
怒鳴りまくりですよ
(・ω・`*)ネー
急変したのは
医療ミスだったのかも?と、
疑惑が残った話でした
怖かったこわいとこはみなかった
( ・∇・)えへへへ

みいを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

ゆっちゃんのクライオセラピー。

結論から言うと、
私は何もできませんでした。
私の勝手なスケジュールでは、
わずか15分ほど、クライオセラピーに立ち会える予定でした。
凍らせたゼリーや、チューペット(?)、
外から冷やすための保冷剤など持っていって、
クライオセラピー開始まで、看護士さんに預けました。
朝ごはんの後のお薬を嫌がったみたいで、
私がお部屋に入った時、
パ「今、薬嫌がってさ。おい、ゆっちゃん、アホくさいぞ。」
ゆ「パパのほうがアホくさいじゃん!」
言い返すゆっちゃんがツボな私
今日はもともと、みいちゃんの歯医者の予約を入れていたので、
クライオセラピー開始予定時刻と、
歯医者さんまでの移動時間との兼ね合いから、
15分ぐらいしか、立ち会えないだろうと思っていました。
お薬が届いてからクライオセラピーになるので、
病院に滞在できる時間に、スタートさせることができませんでした
クライオセラピーを頑張るゆっちゃんの動画が送られてきました
ゆ「ゆっちゃんが震えてるとこ撮ってよ~」
パ「撮れてるよ」
冷たいものばかり口に入れて、
外から夫が保冷剤をホッペにあてて、
そりゃあ震えちゃうよね。
よく頑張ったと思います
少しでも、口や喉の痛みが軽く済みますように。
ちなみに、その動画には、
私が持っていったゼリーなどは使われていませんでしたベツニイイケド。
ゆっちゃんが快適に…は無理でも、なんとかクライオセラピーをやり遂げることが一番なので。
動画は3つ送られてきて、
どのゆっちゃんも、寒がりながらも、
美味しいと言っていたり、
笑顔がみえました
ゆっちゃん、おつかれさま

PR

コメントは受け付けていません。