コレクションでゆったり気分

PR




Pocket

コレクションも、こだわって選びたい!

似合うコーデ、別に悪くないけど、似合わないコーデ
ってあると思う…。
それを、無難と呼ぶのかもしれない(T_T)
いただいた着物をどう着ようか?
日本からバンコクに持ち帰って、10日が過ぎようとしている。

夏物は一年中着れるのだが、柄行き布地などを考えると、今すぐ、というよりもう少し寝かせてからの方が良いものもあり…。

だが、送って下さった方や、そのお身内の方の事を思うと、いち早く、「着て見せたい!」とも思い、さらには、「やっぱり、素敵に着こなしてくれた」とも言われたい(>人<;)

そうなるとコーデが…
難しい。
私は好みがはっきりしている上、この着物にはこんな帯この帯なら、こんな着物、と大抵それぞれに組み合わせが決まりやすいものを購入してきた。→過去ブログでも着物コーデ、選び方のコツ
もちろん、何にでも合う帯、帯を選ばない着物、といった類のものもあるはず?!なのだが、
そこに私の顔がのった時に、しっくり私のものになるかどうか、を常に大事にしている。それには、髪型も含まれる。
だから、着物の上に、帯をのせ、帯揚げや帯締めをのせ、綺麗にまとまったとしても、実際に着てみたら何か違和感を感じる事があったりもする。

購入する時点で、だいたいのコーデの方向はほぼ決まっている事が多く、その中で手持ちのもので微調整していき、あ、この組み合わせもイケるかも、など発見していくのが楽しい。
ところが、いただいたものというのは、単独で、ポンとやってくるのだが、存在感がある。
まだ人のもの、という意識が離れない状態で、まず手持ちの帯の中から色だけで合わせていく。
合うような合わないような…。
近々着ようとしているこちらの着物は、Terumi コレクションの一部。着物好きの故てる美さんのご家族の方から譲られたもの。
写真で見るより茶色、ベージュが強い。可愛らしい八掛は濃い茶色だ。
茶系の帯は手持ちになく、早速チョコレートカラーのもろもろが欲しくなった(≧∀≦)
白襟にしてしまうと、全体がぼやけてしまい、私には似合わない。いかにも借りてきました的な着姿になってしまう。

襟をどうするか…白以外のもので顔写りの良い色柄を、このベージュと合わせる。
白黒のシマ、黒い帯
悪くないけど…何か違う気がした。

ならば、帯から考えよう。

得意の黒を合わせるか、赤い花の帯を持ってくるか、ベージュ系でワントーンコーデにするか…

どれもいまいち…(T_T)

色だけで言えば、オレンジなども合いそうだと思いつつ、オレンジは夏帯だから袷にはあわせられないし(ダジャレじゃないのよん)
まだ この着物私のものになりきっていない感じがした。
一旦しまい、また取り出し、またしまい…数日が過ぎた。
どうしよう。

多分着物好きの方々がこの着物の写真を見たら、
「素敵!私ならこう合わせるわ!」なんて意見が殺到するのかもしれない。
が、私にはいっこうに決められない。
似合うコーデにしたいからだ。
無難な、悪くないコーデならいくらでも思いつくが、この着物が似合う私になれる、私らしいコーデにしたい、と思うと途端に難しくなるのだ。
そもそも自分では選ばない、想定外な色柄の着物に、現在持っている、限られた手持ちの帯や小物を合わせよう、というのが無理なのか??

この着物の為に、新たに帯や小物を探すか??
何にでも合いそう、と思ったこの着物が、どんどん難しい着物になっていく。
気を取り直し、紫が馴染むかな、と手持ちの紫の帯の中から選んだのはこの一本
よさげ?!
半衿を紫で合わせたら、きっと素敵?!だろうと、チクチク
悪くはなかった。
が、何か違う。白の上にレースではなく、もっと紫が濃くないと…

それに、帯揚げも帯締めも、もっと素敵なシックリ似合うものがあるはず。
キングサイズのベッドの半分が、帯揚げやら帯締めやらで埋まり、途方に暮れる直前、オットが覗きに来て、
おもむろに言った。
「へぇ、紺色いいじゃん」
ん?ちゃんと結んでいない帯の、仮止め用の腰紐が濃紺だったのだが、それを見て、色味が合うと言ったのだ。

「帯締めは茶色にする予定なんだよ」と言いつつも、試しに紺色を充てて見ると悪くない。
ん?じゃあいっそ、帯揚げも紺色にしてみるか?

(帯板もなしの試し着付けなので、もろもろ目をつぶってくださいませ)
いいかも。
となると、襟が違う。
半衿の布の山から、オットは白黒の市松と、青と、赤の花柄とを選んだ。
目から鱗 さすがアーティスト↓↓↓Yosuke Hasegawa
着物の事はわからないが、色彩感覚は鋭い??

チクチクした紫のレースの半衿を外し、
オットが選んだ襟をチクチク。(シワシワ(≧∀≦)アイロンは後でかけよう)
何となく私らしくまとまったような…。
髪型どうしよう。

頂上まで行けず、8合目あたりで右往左往する感じ…未だ決まらず。・°°・(>_<)・°°・。
無難なコーデはイヤなのだ。
今日は別のコーデで出かけるか…。

コレクション用品の専門店、何でもあります

先日、毎年楽しみにいている「コレクションズ・オブ・ワイキキ」の取材にお呼ばれして来ました。
コレクションズ・オブ・ワイキキとは、シェラトン・ワイキキ、モアナサーフライダー、シェラトン・プリンセス・カイウラニ、ザ・ロイヤル・ハワイアンの4つのホテル内にあるショップやレストラン、スパなどの集合体を呼ぶ名称です。
暮らしていると、実はあまり行く機会のないのがワイキキ。
たまにい行くとサスガ世界に名を誇るリゾート地!ウキウキ加減は半端ないですよ??
ロイヤル・ハワイアン・ホテルにある「アバサ・スパ」のエントランスでベンチを見つければ、こんな風に写真を撮らずにはいられない。笑←ピーコックチェアではないけれど、、、エマニュエル夫人風?
メディアツアーの集合場所は、シェラトン・ワイキキのオーシャンフロントにある「ラムファイヤー」。
コレクションズ・オブ・ワイキキの広報担当のデイン・ナカマ社長の挨拶の後、いよいよツアーの開始です!
日本語メディアの面々は、4つのチームに分かれて各ショップを訪問。お店に関するクイズに答えながら楽しいひととき。
ここは、ロイヤル・ハワイアン・ホテルにある「アクセンツ」。
ピンクパレスのシグニチャー・ロゴ・アイテムを扱っています。
ワッフル素材のベビー用バスローブが可愛すぎる?
「マジックメモリーズ」のエミリーさん。ホテルに宿泊しているゲストは、1枚無料で撮影してもらえるんですって!
世界中のセレブに愛される上質のパナマ帽。エクアドルの職人がひとつひとつていねいに編む帽子は、なさに芸術品。
中には$14000の帽子も! 見せていただこうとしたら売れてしまったとのこと 

シェラトン・ワイキキにある「レアレアマーケット・オリジナルズ」。
面白いフレーバーのスラッシーとポップコーンが!
ビール味は試してみる価値あり??
同じくシェラトン・ワイキキのエントランスにある「ホノルル・チョコレート・カンパニー」。
おいしいチョコレートがそろっているのはもちろんですが、これらマーメイドの置物やオーナメントがイケすぎてます。
グリーンのふっくら女性のは、マツコデラックスさんもお気に入りなのだそうですよ。
私は、、、、シックスパックスのが、、、いいけど。
「マーティン&マッカーサー」
やっぱり目についちゃうのは、ワイン系の小物たち。

みんな大好きの雑貨屋さん「サンドピープル」。
南国暮らしをイメージしたアイテムがいっぱい。
そうよ、南国では「お家では靴脱いで??」がお約束!
 「レイン・スプーナー」にそろったこの時期限定のクリスマス・デザインのアロハシャツ。
デーハーじゃないところがサスガなのです。
 
 「マウイダイバーズ・ジュエリー」。
光にかざすとAlohaという文字が浮き出るというイカしたデザインにキュン?
海やサーフィンに関するアートが並ぶギャラリー。
グリーンルームって、チューブ(波)の中って意味だったんですねー。知らなかった??。
サーフ系アートをお探しならまずはココ!ですね。
チーム・レッドのみなさんと。
今回は、シェラトン・ワイキキとザ・ロイヤル・ハワイアンのショップス探索だったので、来年はモアナサーフライダーとプリンセスカイウラニの探索がしたいな??。
ハワイ情報、取材、エッセイ、コラムの依頼は yukarinn808@gmail.com まで、お問い合わせください。
  愛のポチリください   目指せナンバー3! ←ここんところガックリ落ちてます  ↓ ハワイ好き&ハワイ在住人のブログ大集合~ ↓  人気ブログランキングへ  さらに!プライベート丸出しのインスタグラムはこちら~ (°∀°)b 
  とくにお知らせしていなかったけれど、リアルタイムでハワイの風景やおいしいいろいろ、ディープなプライベート画像などを何年か前から インスタグラムにアップロードしています。ぜひフォローしてね(承認制になってます) インスタグラムのID yukarinn808です。投稿数は驚きの5000以上! さらに、さらに!ハワイの風景やアイテム、ショップなどにフィーチャーしたインスタグラムも始めました?インスタグラムIDは aloha_yukarinn です。こちらもぜひぜひフォローしてくださいねっ!   

↑ココもポチっと
アロハストリートのブログランキングに参加しています!

 人気ブログランキングへ  ポチっと応援クリックよろしくお願いいたします    愛のポチリください 

PR




コメントは受け付けていません。