二宮くん終了のお知らせ

PR

二宮くんおいしさ新鮮

最近時々、ぼーっとしていると、「TOKIOカケル」っていう番組を目にすることがある。

ジャニーズ年表などがあり、その表を見る限り、嵐はこの番組には出てないようだ。
少なくとも、同じ事務所の人間がゲストなら、色々な内情を知ることができる。
いつも、TKIOが言うことには「今の時代なら、絶対にデビュー出来なかった」そうだ。
前回の放送では、V6の坂本リーダーと、三宅くんが出演。
興味深いのは、二人の話す結成秘話がちょっと違っていたのだ。
V6を引っ張るつもりでいた坂本くんと、三宅くんありきでグループが出来たという三宅くんの話。
更にわかった事は、坂本くんは5番目のメンバー入りで
「彼をメンバー入りさせて良いか?」と社長から、三宅くんに相談をしていたという。
これには、一番だと思っていた坂本くんもショックで
三宅くんも「墓場まで持っていく内輪話だった」と暴露。
グループ結成に関しては
「ありき」が多い事務所
古いところでは
北 公次のフォーリーブス
錦織 一清の少年隊
他に
佐藤敦啓ありきの 光GENJI
三宅健ありきのV6
二宮和也ありきの嵐
等がある
(これ以後はわからない)
ところが、デビューしてしまうと、必ずしも゛ありき推し゛ではない。
光GENJIの諸星くんの様に、常にセンターを取るメンバーも。
光GENJIとV6は、本人から
少年隊は、東山さんから聞いた話だ
二宮くんありきは、わりと最近雑誌から得たのだが、本人は翔くんは(メンバー入り)決まっていた。と言っていたが、
櫻井翔=副社長のお気にいり
二宮和也=社長のお気にいり
上層部に、別々にお気にいりがあった。
この説は意外とも思えたが、デビュー直後の「Vの嵐」・  二人の共演「山田太郎物語」の主役。
広くは世界に進出した「硫黄島からの手紙」等を考えると、やはり二宮くんありき説に、納得してしまう。
三宅くんの話で驚いたのは
「剛も一緒じゃないとグループに入らない」と言ったということ。
社長の話では、当時森田くんも凄い人気だったから、別枠と考えていたので「剛が入ったら、君はグループの一番にはなれないよ。」と言われたらしい。
それでも、三宅くんは頑として受け付けず「剛が入らないなら、自分もグループにならない」と言ってV6のメンバー選考が始まったようだ。
その剛くんと親しかったという
智くんの過去がある。
もし、大野くんが一番最初に嵐に選ばれていて「町田がいないなら、グループにならない」と言うようなものである。
智くんが、嵐の中でポツン…だったから、必然的にメンバーとも馴染めて行った気がした。
なぜなら、馴染まなければならなかったから。
もし、町田と。が叶っていたら
親しくなる努力は不要だ。
嵐は完全に、V6のような先輩と後輩の2:3の(しかも後輩のが断然人気のある)グループになっていたかもしれない。
そう考えるとちょっと怖い
では、もしタッキー&嵐だったら。
他のメンバーのが人気があって、露出も多く有名だから、と割りきって名前を呼捨てにされても、全然平気だという大野くんに対して
カリスマジュニアで、絶対の権力を持っていた滝沢くんとでは、知っているだけに萎縮して、今のような空気には、なれなかったかも知れない。
2002年
嵐の現実を見て
当時よく言われたのは、
大野くんだから「嵐」になった。
リーダーが滝沢君なら
「タッキーWith嵐」になり、全員が平等の扱いにはならなかっただろうと。
大切なグループは、ちょっと熟成させると言われた事務所
デビューまで四年かけた 少年隊
四年以上かけた、KinKi Kids。
タッキー&翼。。
ただ、タイミングを逃して「新鮮さに欠ける。」
と、苦言を言われたことも。
今はジュニアのうちから、グループやユニットが出来ていて
それぞれに活躍している。
「デビュー」というものの意味が、よくわからない時代になった。
憧れるのは、剛くん。
ダンスを磨いて、デビューしたい!
そう語っていた頃の大野くん。

二宮くん激安セール楽天ショップ

「また食ってんの?あれ、レインボーチョコやめたの?」
「うん、今はミントチョコ。凄く美味しくてハマっちゃった」
嬉しそうに食べながら
企画書を読んでいる。
「あ、これお土産」
「え?あ、これ」
「二宮と行ってきたんだ。で、お土産」
「…………二宮くんと?」
何か、楽しくない。
「誘ってくれて、ついた所がそこで。ホールが甘ったるい匂いでやばかったよ」
俺は笑って三宅を見た。
「なにその顔」
「だって、全然楽しくない」
「は?」
「何で二宮と行くの?誘ってくれれば良いのに」
「俺も行くなんて知らなかったんだよ、ただ土曜暇かどうか聞かれただけで」
「ひ、暇なら、誘ってよ!」
「………………」
「僕だって、岡田さんと休みの時も一緒にいたいもん!」

「ちょ、ちょっと待て、どうした?」
「何が?」
「お前、そんなキャラだったっけ?」
そう言った瞬間
三宅の顔が真っ赤になった。
「い、今、僕なんか言いました?」
「は?」
「え、えっと///む、無意識///」
そう言って下を向いて、
あまりにも可愛くて抱きしめた。
「顔あげろ」
俺がそういうと三宅は顔をあげて
唇が触れ合った。
「すげーミント」

「美味し、い?」
「………凄く、美味しい」
俺はまた口づけた。

PR

コメントは受け付けていません。