元気ハツラツ二宮くん

PR

結局最後に笑うのは二宮くんだろう

4週に渡る夏祭りな週末も今回が最後。

いやぁ~外で飲むビールは最高\(^o^)/
そのために一週間仕事してました\(^o^)/←
昨日は少し遠いお友達のところの
夏祭りへ。
帰りはほろ酔いで、
子どもたちとゆっくり歩いてたんです。
この時間も2人の手を握りながら
いろんな話ができる、ほっこりな時間?
ふと、窓を開けているのだろうおうちから
聞こえてきたテレビの音。
『あれ?しやがれじゃない?』
と、ナレーションの声ですぐわかった娘っ子。
「あー!ほんとだー!」と
もうこんな時間かと焦っていた私。
その後、そのお宅から聞こえてきた笑い声。。
私と娘っ子、顔を見合わせて
*???*←こんな顔。
娘っ子『みんな、嵐のこと好きなんだね?』と
楽しんで観ているのだろう笑い声と
娘っ子の言葉に
なんだか嬉しくなりました。
そりゃ、国民的アイドルですからね?
みーんなが観てるのも当たり前なんだけど。
(恐らく)熱狂的なファンな方じゃなくても
楽しんでくれてるんだな*???*
そして
5人がいつまでも
“お茶の間の当たり前”でいて欲しいな、と。
“先のことなんてわからないよ。
今を一生懸命に頑張るだけだよ”
な~んて、二宮くんに言われそうだけど^^;
いつまでも

5人で一緒に、ね?

私はあなたの二宮くんになりたい

相葉担、にのあいスキーを

ざわざわさせた昨日のVS嵐。

あの、ほんの1分もない時間に

何とも言えないほっこりと幸せを

にのちゃんにもらいました。

でもその前に。

クリフクライムの頭で

天の声さんが

「パーフェクトボーナス復活」の

説明をしたした時。

そのことに対して

すごいね、って言いたかったのか

にのちゃんが

後ろ手を付いて

わざわざ斜め後ろにぐーっと

振り返って

一瞬の半分くらいの短さで

相葉さんをチラッと見た。

でも相葉さんはまっすぐ前を向いてたので

目線を逸らして

何事もなかったようにふるまうにのちゃん。

すごいのは

その気配に

相葉さんがこれまた一瞬

にのちゃんに視線を向けたこと。

昔からVSで座ってるとき、

何かあると

にのちゃんすぐ相葉さんの方を見る。

それにニノちゃんの一言に

必ずあいづちや言葉を返してくれるのも

相葉さん。

でも今回のは

一瞬すぎてよけい胸を打たれました。

もちろん他メンバーとも

アイコンタクトややり取りあるけれど

こういう時

同意を求めて振り返るのは

いつも相葉さんに対して。

にのちゃん

録画見てくれないかなー(笑)

そして暗闇脱出ゲーム。

にのちゃんにしたら

通常運転?

さらっと出るところが

さすがですが

きっとにのちゃんのことだから

ちゃんとわかってますよね、

ファンがザワザワすることも

きゃあきゃあトキメくことも。

二宮和也の手の上で

毎度転がされる相葉担。

昔の映像で見る

『USOジャパン』で

とにかく一番廃墟や心霊スポットに

行かされてた相葉さん。

あの頃は

悲鳴を上げることもなく

淡々と一人で深夜の廃墟に

座ってた。

ワイプの中で

「わー無理」って顔で

毎回見てたのが翔さん。

翔さん今でも

相葉さんに対しては

その頃の印象が強いみたい。

でもその結果

相葉さん、しばらくの間

見える感じる聞こえるになったらしくて。

怖がりでビビリなイメージはその後。

にのちゃん案じてますよねいつも。

ひみつのアラシちゃんの

廃病院での肝試し。

相葉さんとペアを組むことを

聞かされたにのちゃん。

「テンパって巻き添えパターン」と

嫌がります。

スタートして

椅子から立ち上がってすぐ

石に躓く相葉さんに

「ほらこういうことが起きるのよ」って

言いながらも

相葉さんの方に戻って

腕をつかみながら

「行こっ」って優しいにのちゃん。

ドアノブを開ける時

にのちゃんが優しい声で

先に「俺開ける?」

「大丈夫」と相葉さん。

ドアを開ける指令。

「もうやだよ~」

髪の毛巻き付けてあるドアノブ。

にのちゃん「行こう」

相葉さん「うん」

      「あのねニノちゃん」

「わかってるよ

 オレが開けようか?」

      「俺が開ける」

ブログのどこかに

書いた気がするんですが

たくさんのディスクの中から

見つけるのも大変なので

動画で観なおしてみました。

そのタイトルが

相葉さんに優しい二宮さん

二宮さんに素直な相葉さん

みたいな感じでした。

昨日もまさしくそうでしたね。

暗視カメラに映る、

手を差し出してるにのちゃんは

短いズボンで子供みたいだし

御前の名残の相葉さんは

大人っぽくて(大人だけど)

そこにまず微笑んじゃいました。

にのちゃんや私たちは

見えてるけど

真っ暗で本当に

何も見えてない相葉さん。

にのちゃんが相葉さんの手の下から

握ろうとしたら

その手を上からぎゅっと

包み込むように力を入れて

握り返した。

特に親指。

もうね、キュン死です。

二の腕つかむとか

肩に手をのせるとかでも

いいはずなのに

手をつなぐって・・・

こんなに繰り返し見て

書いてる自分にちょっと

引きますが(笑)

照れ隠しに

最後にちょっと

相葉さんにいたずらする

にのちゃん。

相葉さんの反応に

本当に嬉しそうに楽しそうに

笑ってる。

相葉さんも

手は握ってるから

ちょっと余裕の返し。

「俺が一番相葉さんのことわかってる」

「あなたが一番俺のこと

 わかってるでしょ?」の

ずっと変わらない二人の距離感。

もう何回も書いたけど

やっぱりにのちゃんには叶わない(笑)

だからこそ

ブログを始めた5年半前

プロフィールに

「生まれ変わったら?」に

「二宮くん」って書いたこと

正解だったと思ってます(笑)

だって一生そばにいられるから。

PR

コメントは受け付けていません。