若い人にこそ読んでもらいたいコレクションがわかる9冊

PR




Pocket

もしものときのためのコレクション8選

いらっしゃいませ整理収納アドバイザーのHARUです
現在同じ年の夫と同じ企業で会社員   (整理収納とは全く違う業種です)共働きDINKS家庭でちょい悪主婦という異色の整理収納アドバイザーです
日々の生活から家事の色々や家計おうちごはんに整理収納と興味のあるコトを日々綴っています

本日2度目のこんにちわ
お昼休みです。
私達夫婦は同じ年
同じ時代を歩んできた同士です

同級生というだけで
不思議と生まれる連帯感
そしてライバル心

結構めんどくさい
同級生夫婦です。(我が家に限る)

うちの俺は
ご存知の方も多いと思いますが
とてもだらしない輩です
これは俺の抜け殻ね↓

だらしないコレクションを
作ったら1時間程は
笑い転げられるほどかと
思います

そんな俺の
後片付けをしながら
ふと思ったコト

これ年下だったら全然許せる!
むしろかわいいとも思える?

でも同じ年だとギリ許せる…
時と場合によっては
許せない時も出てくる

更に年上だったら
完全に許せないな…

よって私は
やっぱり年上旦那とは
うまくいかなかっただろうな
と。

年上だと
尊敬のまなざしで見てしまう
ところがあるので、

足りない部分があるだけで
勝手に期待した分、
ガッカリ感が半端なく出るんだろうな
(私の場合)

私は昔から
年下くんとが
一番バランスよく保てて

私の場合、同じ年というのは
そもそも恋愛対象ではなく
同志でありライバルであるため
そういう感覚もまるでなく、

一緒に暮らしても
ごはんを作っている時は
給食係になった気分で

掃除をしていれば
衛生委員になった気分で

家計を考えている時は
学級委員になったような

同じ年の俺とは
そんな気分で
共存生活をしております。

俺と暮らしてわかったコト

もし俺が年上だったら
3日で確実に破たん!

俺が同じ年で
今の生活が
成り立っております

私の中では
『年齢』というものが
意外と大きく左右しているんだな
と思う今日この頃です

今日もおうちに帰ったら俺様のお世話を楽しんでしたいと思います
HARU

変わったコレクションでイメージチェンジ。

今日も1日お疲れさまでした (???)

家に帰ると一通の手紙が届いていました。

大好きなショップアンリークイールから。

毎年この時季にいただくアンリークイールからの手紙は新製品のお披露目と共に開かれるお客様会のお知らせ。

ですが今回は…

想像もしていなかったクローズのお知らせ。

商品のユニークさやあたたかみに惹かれ、ショップに通うたびにデザイナーであるアンリさんの絆を大切にするものづくりに触れ、ますます好きになり…

はじめましてのころは、オレもまだ30歳そこそこでバッグには手が出せず、ブレスやキーケースからスタート。うれしくてうれしくて… 眺めてはにやにやしていたことを、昨日のことのように憶えています。

歳を重ねるにつれて念願のバッグも少しずつコレクションさせていただけるようになり、夏と冬のご褒美時季にはドキドキしながら骨董通りを歩いてショップへお邪魔したものでした。

まだまだこれからも…と思っていた矢先の悲報。本当にショックで。

クローズまでまだ時間がありますので、それまではお店に通いつめましてもう少しワガママを言わせてもらおうかと思います。

PR




コメントは受け付けていません。