コレクション大好き!いろんな情報集めちゃぉ

PR




Pocket

コレクションが昔から好きだった人々へ

オイラの辛気臭いネタをご覧いただき、ありがとうございます。さて、人間には、世間の常識とかけ離れていても、「 大事にしているモノ 」があったりするもので、今回は、  >「一番大事にしていた」 交際相手の男性(49)のコレクション「魔法少女リリカルなのは」の未開封DVDを無断で転売した女(23)を逮捕    同居男性のアニメDVD無断転売 窃盗容疑で女逮捕 兵庫   同居していた交際相手がコレクションしていたアニメのDVDを転売したとして、兵庫県警明石署は25日、窃盗の疑いで、明石市の無職の女(23)を逮捕した。

逮捕容疑は、24日午前10時45分ごろ、交際相手の男性(49)のDVD8枚(約9万円相当)を盗んだ疑い。同署の調べに「お金がなかったので盗んだ」と容疑を認めているという。

同署によると、DVDは「魔法少女リリカルなのは」や「鋼の錬金術師」などで、全て未開封だったという。以前から男性の所持品が無くなっていたといい、「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告したという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000003-kobenext-l28    >以前から男性の所持品が無くなっていた>以前から男性の所持品が無くなっていた>以前から男性の所持品が無くなっていた>以前から男性の所持品が無くなっていた   うんうん、所持品ねぇw    >「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告>「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告>「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告>「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告>「一番大事にしていた」というDVDが無くなったことから、24日に同署に被害を申告    趣味はいろいろですなwそれと、一緒に暮らしていたのに、警察に被害届を出すってことは、よほど「 大事にしていたDVD 」だったんでしょうw もっと言うと、23歳の女の子より、「 その未開封のDVDアニメ 」の方が重要だったってことですなw  「 5ちゃんねるの反応 」で、   > これは死刑あるな。        > 金はいらんから未開封の探して返せと言いたくなるレベル        中の握手券欲しさに、延々とCD買うヒトもいるしねw       > オタはコレクションあるからな
レア物あるならだらけとかで結構な値段になるだろう      高く売れたんでしょうかw     > アニメDVDの方が23歳女より大事      警察に突き出すってことは、そういうことですw      > 売ったから立件できただけで
勝手に捨てる系だったら相変わらず男が泣き寝入りしてるケースだよね       怒り心頭だったのでしょうw      > おっさんで収集癖のあるキモイタイプのオタクのくせに若い女と同棲とか勝ち組にもほどがある      オークションで流してみて、落札金額の高さにびっくりしたかもしれませんw      > 女 「私とコレクション、どちらが大切なの?」

男 余裕で「コレクション」          > 91: 名無しさん@1周年 2017/11/25(土) 10:19:05.68 ID:FnOADbt/0
>>1
いい大人が
アニメのDVD売られたぐらいで
警察ざたにするなよ

情けない

326: 名無しさん@1周年 2017/11/25(土) 10:59:35.30 ID:/MOW/GSS0
>>91
命より大事なものを売られた気持ちが分かるか?         > 未開封ってことは保存用だね
それを知らずに同じものあるじゃないって感じで売ってしまったのだろうね      食い物かw      > 女よりコレクションのほうが大事だろ!!!
常識的に考えろ!!!!!!         > 価値が分かった上で取ったってことだからね
こりゃ罪重いよ
死刑はさすがに可哀想だが銃殺刑だな        > 二次元売られて三次元を警察に売った男
映画化決定      大ヒット間違いなしw      

コレクション特集!どんなのがあるかな?

 
怪しい少年少女博物館2階左側奥の「動く妖怪のブース」に展示をしている「 から傘お化け」君。前回や前々回のブログで、お話しした自称「お化け屋さん」に作ってもらった物  
センサー式で人が近付くと、ピョ?ン ピョ?ンと上下します

 
メカ部分、アームを使って上下する構造。お化けが重いので結構ガッチリ作ってあります  
2階右側奥の妖怪のコーナーに展示をしているTOMY「大映特撮シリーズ」のソフビ人形。マルサンによるレトロタイプ人形と箱書きにありますが、縮小して復刻したもので、2001年頃の物です。その後ろには同シリーズの異国の宿敵妖怪ダイモンのソフビもあります

 

上記ソフビと同じコーナーに展示をしている妖怪舎 水木しげる 監修 妖怪フィギュアコレクションの「傘化け」 全高約7cm。照明が暗い所にあり、ガラス越しでフラッシュが使えなかった為、きれいに撮れずじまいで、すみません  

 同じコーナーのカバヤ 水木しげるの妖怪シリーズ妖怪事典の「傘化け」のフィギュア    同じコーナーのユージン 大映特撮シリーズ「妖怪百物語」 の「から傘」のフィギュア。こちらも後ろにダイモンのフィギュアがあります 
1968年3月公開の大映の特撮映画「妖怪百物語」のから傘(一本足の傘) 。夜道で見かけたら、やっぱりちょっと怖いかも・・・ 以下「怪奇心霊博物館」 山田誠二著 データハウス刊より。モノクロ写真ですが、実際はカラー作品です。併映は「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」 
こちらも「妖怪百物語」から。68年の2本の大映特撮に出てくる妖怪は、近年の鬼太郎系の可愛い妖怪達より、ちょっと怖い造形です。着ぐるみではなく操演の妖怪で、50本のピアノ線を使い、6人がかりで操ったそうです。制作には30日を要したと言い、結構気合いを入れて作った妖怪なのでした 
こちらと下の写真は68年12月公開の「妖怪大戦争」の「から傘小僧」。ちょっと怖いけど楽しそう・・・ 右側の女の子は前回のブログで紹介した二面女さん? 騎馬戦っぽいし、何か青春入ってる写真だね~。こちらの併映作品は楳図かずお原作の「蛇娘と白髪魔」で、ホラー系の二本立てなのでした 
  ラストで、から傘小僧は風にのって舞い上がり、日本の妖怪の大将油すましを運び、写真左手のように巨大化した古代バビロニア出身の妖怪ダイモンと闘い、止めを刺す大活躍をします 子供の頃に同じ大映特撮のガメラを観に行った時の事です。映画館の前にカラーの映画なのに、上の写真のような白黒のスチール写真が掲示されていました。それが、ガメラが夜空に白く光輝く長いジェットの尾を引いて旋回して怪獣と闘う等ワクワクする程カッコいい物でした。それを見ると「わ~ 中に入って絶対観たい!」って思ったものでした でも実際の映画を観ると、意外としょぼくて、ガメラもスチール写真程の大活躍はしていない・・・なんて事もありました。スチール写真は、実際の映画のシーンを切り取ったのではなく、あくまで宣伝の為に合成したイメージ写真と言える物なのでした。映画を観終わり、帰り際にふり返って見ると、「こんなシーンなかったよな~、本当はこうだったら良かったのにな~、でもこの写真カッコいいから欲しいな~。」なんて思ったものでした カラー映画なのに白黒写真だったのは、その方が合成写真を作りやすかったと言う事もあるかもしれませんね   様々な呼称で呼ばれた「から傘お化け」 から傘お化けは、から傘小僧、傘お化け、傘化け、お化け傘、一本足、から傘一本足等様々な名前で呼ばれました 一つ目で一本足のスタイルがオーソドックスですが、二つ目、二本足で描かれている物もあります。上に写真を載せた大映特撮の二本に登場する物は、一つ目一本足で、さらに二本の腕が生え、長い舌を出しています。このタイプは幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師の歌川芳員(うたがわ よしかず)の「百種怪談妖物双六」にも見えます。水木しげる氏の漫画には、腕が描かれている物と描かれていない物があるようです 日本の妖怪の中でもメジャーな存在で、絵姿としては古くは室町時代の絵巻物「百鬼夜行絵巻」にも見られます。一方、民間伝承として地域に伝わっている例は少ないようで、絵画や創作話上のみの存在とする向きもあります また歳月を経た器物が化ける付喪神(つくもがみ)の一種と見る向きもあるようです 伝承としては、現在の阿賀野市の新潟県笹神村に伝わる「カラカサバケモン」があげられるようです。また現在の西伯郡伯耆町の鳥取県溝口町に伝わると水木しげる氏が指摘している、一つ目一本足の「幽霊傘」も類話としてあげられるようです  妖怪の人気キャラとなった「から傘お化け」 「から傘お化け」の絵姿は数多く残っており、江戸時代以降、お化けカルタや双六、草双紙やおもちゃ絵等の定番となり、また歌舞伎役者によって一本足で踊って演じられる等して人気のキャラとなっていきます。お化け屋敷の演出の定番ともなり、漫画・アニメ・映画を通じる事によって、妖怪の人気キャラとしての地位を固めていったと言えます さしたる伝承を持たない「から傘お化け」が人気キャラとなっていったのは、人をびっくりさせる位で害をなさず、コミカルで可愛いさがあり、お茶目で憎めない存在だからはないでしょうか?  次回も妖怪ネタが続く予定です

PR




コメントは受け付けていません。