広場 ようこそ僕らの同窓会へ

PR




Pocket

サクッと広場

広場専門通販

私は有難いことに
ふらっと行くと、なんとなく集える仲間がいる場があります。

それはある集合住宅の一角にある広場的な所で
パー子の園仲間が住んでいる所なのですが
パー子が園から帰ってきて特に予定もない日には、そこに直行
更に、小学生チームが帰ってきてそこに合流するという
幅広いジャンルの子供たちが、そこに行けば誰かがいるという場所。
こういう場所は、本当に有難いです。
今は、子供たちも忙しい時代で、毎日 習い事で予定がびっしりです。

更にはお母さん方も忙しいので、お友達のお家に行き来するような
私の子供の時代には普通だったことが今は、少ないように思います。

今日はそこで幼稚園の延長の様な遊びを繰り広げ

その間にも、住人の方が出てきてくれて子供だけでもなかなかの人数になりました。

そしてママ達も、そこで立ち話をしたりして
夕方の、よくある一コマです
そして子供たちはというと仲良く遊べる日もあれば思い通りにならなくてイライラして、八つ当たりしたりする子もいたり
『もう帰る』と大声で叫んでみたり
イライラして、物を投げたり
一言で言えば、自由なんですよ
でもそれって、子供の世界では当たり前で幼稚園や小学校では当たり前のように行われている行為なんだと思います。
物を投げた子のお母さんはさすがに、その子のことを怒りましたが
だけど、物を投げた子にも投げた理由があって
しかも、投げた物は(ちょっと柔らかいもの)だったりします。
投げた行為はいけないことだけれども
投げた理由があって、それは理解してあげたい
こういうことが、我が子だと理解してあげられないけど他の子の事だと理解してあげられることが多いのです。
他の子の反応や、お母さんの対応それによって励まされることもたくさんあったり。
だから、様々なジャンルの子供たちが集まる場所は本当に貴重です!

私は、息子が小さい頃は人が集まる場所が苦手でした。

それは、息子がすぐに癇癪を起こすからです。
息子が癇癪を起こしている姿を他人に見られたくなかった。
息子をいつもご機嫌でいさせてあげたいご機嫌でいさせることが私の使命のように勘違いしていたので
だから、外でご機嫌じゃない姿を晒すのは、耐えられなかったのです。
外で、コントロールがきかない息子を見られたくなかった。

でも、それって私の完全なエゴですよね。

自分の子供を、いつもご機嫌にしてあげるのが母親、みたいなイメージを持っていたので

それができてない私はダメな母親だと思っていました。

そんなメンタルに至るまでには
いつのまにか溜まっていた疲労のせいから、考え方が偏ってしまったのだけど
今思えば、そんなこと無理なのにねーって思えます。

とりあえず、今 疲労が溜まっていてどうしようもないくらい落ち込んでしまっていたら、
子供の機嫌ではなく自分のご機嫌をとろう‼️
私がご機嫌でいるだけで
子供にも伝染するし、夫まで楽しくなるかもしれない。

じゃあ機嫌って何だ?  ってなっちゃったら
とりあえず笑ってみよう〜〜‼️

PR




コメントは受け付けていません。