広場を攻略せよ!

PR




Pocket

広場がこんなに安くてごめんなさい

こんばんは~ きなこさんからのリブログです。 きなこさん!有難うございます。 とうとういい加減なデーターのもと強行採決されてしまいました。 今まで以上に働かされて過労死となっても過労死とはみなされなくなった。
 貼り付けです    2018-05-25 21:51:37NEW !
テーマ:奴隷ビジネス経営者の皆さんには朗報で~す。 労働者の皆さんには悲報で~す。  「高度プロフェッショナル制度」というのは、高度な専門性を持つ専門家を時間で縛らずに成果主義で働けるようにする制度です。 政府によれば、対象は年収1075万円以上の金融ディーラーやコンサルタントなど専門知識を持った人に限られます。 こうした人たちに対して、労働時間の規制を外し、休日や深夜の時間外労働の残業代をなくし、自由な働き方ができるようにするための制度だと説明しています。 こう聞くと、「年収1075万円以上で、しかも限られた専門職が対象なら、私には関係ない」と思う方も多いかもしれません。 しかし、それは大間違いです。 なぜなら、法案には「年収1075万円以上」とは明記されていないからです。 過労死促進法案 「でたらめデータ」のまま強行採決
http://tanakaryusaku.jp/2018/05/00018182  強行採決の後、記者団の取材を受ける佐戸恵美子さん。「最後まで戦う。あきらめない。未和が背中を押してくれている」。=25日、衆議院玄関 撮影:筆者= 過労死促進法案が、今夕、衆院厚労委員会で強行採決された。 田中は「過労死家族の会」に同行し、強行採決のもようを傍聴した。 夫や我が子を過労死で亡くした妻や母親たちは、遺影を抱いて席についた。 安倍官邸は経営者にとって夢の制度をなんとしても実現させたかった。 厚労省に改ざんを命じたことが2月に発覚し、社会を揺るがした。 その後も意図的としか言いようがないデタラメなデータが次々と見つかった。 採決の日となったきょうも野党議員がデータの矛盾を追及したが、政府側はまともに回答できなかった。 それでも高鳥修一委員長(自民)は「質問時間を過ぎている」と告げて、採決に踏み切った。 野党議員が高島委員長のマイクを奪ったため、自民党の橋本岳・厚労部会長が、法案の可決を告げた。 それは勝利宣言のようでもあった。  過労死家族の会は鬼の形相で議場を見つめた。 NHK記者だった娘の未和さん(享年31)を過労死で失った佐戸恵美子さんの肩が、大きくゆっくりと上下した。  プラカードで顔を隠した男性(40代)は「遺族の心を踏みにじるような心ない議員の声をメディアは記録し伝えてほしい」と語気も強く話した。=25日、新橋駅SL広場 撮影:取材班= 高プロと呼ばれる過労死促進法案は、年収1075万円以上の専門職に適用され、休息、労働時間、深夜労働などの規制が撤廃される。 年に104日、4週で4日休ませれば、いくらでも働かせてよい。 28日のうち4日休ませれば、24日、毎日24時間連続で働かせても違法とはならないのである。 労働者が何万人、何十万人死んでも過労死認定されないのだ。 年収制限についても、今後、次々と引き下げられることは必定だ。 高プロの子分格である裁量労働制について、安倍政権は「最低賃金労働者や契約社員にも適用可能」とする閣議決定をしているのだから。 佐戸恵美子さんは「数の力で冗談じゃない。娘の命をなんと思っているのか」「データ改ざんで人が殺せるのは日本だけ」と話した。 淡々とした口調は、静かに燃える炎のような怒りを感じさせた。 「東京過労死家族の会」の中原のり子さんの夫は、医師で高プロの走りのように働かされたあげく過労死した。 「過労死の奴隷船に乗っている気がする。奴隷は家族と食事ができるだけまだマシ。私は家族を失っている」。 中原さんは涙を流しながら語った。 〜終わり~ 

広場 人と人とを結ぶ、思いやり

PR




コメントは受け付けていません。