スペック 豊かな心で未来をひらく

PR

スペック つもりにならない!

ちょっと歩くだけで

汗だくになる汗っかきのちっちです。

ぴーさまとお付き合いするまでの

半年くらい(約2年前)

がんばって婚活していました。

その頃の話を少しずつしていこうかな

と思います。

ほんとがんばったな?

 

婚活を始めたきっかけ

婚活を始めたのは3年くらい前でした。

前から読んでくださっている方には

耳にタコかイカかクマな話だと思いますが

以前はブラック企業に勤めとりました。

 (ちょっと書き直しました)

その時彼氏がいない歴が

3年くらいになっていて、

このままじゃ孤独死する

と焦って初めて

婚活パーティーに行ってみました。

初めての街コンは300人規模

本格的に婚活を始めるまた少し前のことです。

その際一緒に行ったのは

先日。

ちょこちょこ名前が出てくるので

(結局仲良し)

のぶよと呼びます。

のぶよスペック

海外セレブ顔のスレンダー美人

ファッションはちょっと個性的

個性が大事で「モテ」を意識しない

でも美人だからモテる

思ったことは隠さず言う

友達想い

一人で行動ができない

美人すぎてずっと彼氏がいない

のぶよが「年上のおじさまがいい!」

というのでなんとなく銀座にしました。

その頃ちょうど街コンブーム

だったと思うんです。

有名?なサイトから申し込みました。

街コンとはいえ

会場は1か所しかなく、

300人という大規模のものでした。

男性陣は色んなジャンルの方がいました。

お金持ちそうなおじさま、

カジュアルな美容師、

名刺を配りまくる弁護士、

「ふじいあきら」と名乗るマジシャン…

でもどの人もあんまり

タイプじゃない

 (そもそも私は年上がタイプじゃない)

一応ドレスコードあるのに

リュック背負ってくるかな

(という私の相方もクラッシュデニムで

ドレスコード無視なんすけど)

タイプのイケメンが…?

そんな中2人

背が高くてさわやかで比較的若めの

イケメンが会場にいました。

ただイケメンには

女性陣が列を作っていて…

(ナイナ◯アンサーのお見合い企画の

あの光景が繰り広げられていた)

ああ、あのイケメンは無理か~

と思っていたら。

のぶよの前にも

列ができていた(笑)

のぶよは飽きてしまったらしく

わたし無理

といってトイレに逃げ込みました。

トイレから出ると

待ってましたと言わんばかりに

のぶよを追ってくる男性陣(笑)

のぶよ「たばこ吸う」

といって外の喫煙所に…

 (ちっちは非喫煙者です)

さすがに男性陣は

ついてきませんでした。

ただその時、

「どうぞ」

といってイケメン二人

喫煙所のドアを開けてくれた

「お二人ですか??」

しかも話しかけてくれた

よし、付き合う。

そう早とちりしたのも束の間、

の「うーっす」

完全に機嫌を損ねたのぶよ

華麗にスルー

ち「そうなんです」

の「ほらちっち行くよ!!」

ち「あーーーん(イケメン助けてっ)

彼女は一人で行動できないので

私も喫煙所に連行されました…

さらばイケメン…

ち「たばこ吸い終わったら

今の2人と話そうよ~」

(イケメンがいいわけじゃなかったけど

変な奴ばっかだからせめてイケメンに逃げたかった)

の「吸い終わったらね

つーかなんでこんなおっさんばっかなの?」

ち「年上のおじさまが良いって

言ったのどなたでしたっけ」

私だって同世代がよかったよ!!!

そしてパーティが終わるまで

のぶよがたばこを吸い終わることは

ありませんでした…

  

タバコ苦手なの

空気読まない男が登場

「こんちはっ」

逃げてきたことをわかっているのか

分かっていないのか、

喫煙所にまでついてきた2人の男。

一人は陣内智則さん風の

ちょっとちゃらそうな男。

タバコを吸うわけでもなく、

すぐにのぶよをロックオン

のぶよは口は悪いですが

決して不愛想ではありません。

陣内くんの話に付き合っているうち

楽しくなってきたらしく

盛り上がっていましたほっ

だがしかし、

サッカー好き?」

私の隣の男…

見た目はジャンポケの斎藤さん。

ち「うーんあんまり見たことないんです」

なんとなく危機感を覚え

そっけなく返事をしてみる。

ジャンポケ「俺ウイイレにはまってて

選手の育成がさ…」

見ないて言ってるじゃん

しかもサッカー好きってウイイレ(ゲーム)かよ!

サッカー観ませんの

ジャンポケ「ポジションどこが好き?」

ち「詳しくないんですって」

人の話を聴かないで話を続ける男…

ポケ「LINE交換しよ」

話の流れおかしいだろ。

ち「え…」

そして交換していた自分。爆

 アイコンが中二病っぽい十字架のイラスト。


速攻ブロックしました。

勇気を出して言葉にできる女じゃなくて

ごめんね。

そしてそのパーティはそのまま喫煙所で

終わったのでした。

お気づきだろうか…

私の収穫→ジャンポケ斎藤

たった一人運命かしら

んなわけあるかっっ!

ちくしょー!!!

のぶよ「くそつまんなかったね」

もうお前とはいかん…

絶交だ!!!

そして2年後、

私はまたのぶよと婚活パーティに参加し

運命の相手と出会うのだった…

つづく

スペック すべてのシーンに、光を。

 

 


満を持してという感じで、星野さんへお邪魔してきました。TKブロスは、ホシノGS製作。つまり星野ゴルフ商会のプロダクトなわけで、パーシモンに限って言うなら、それを目の前にして、製作した本人にお話が聞けるというのは大変稀なこと。といっても、職人気質のみなさんには、共通して昔の製品などへの思い入れはほとんどなくって、次々新しいものへの挑戦の最前線にいる方がほとんど。

ま、こんなものを手に入れてみたんですけどという話に、大したお話もなく、まぁ、30年くらい前のもんだね、ってぇ事でした。現代の持ち主的に、もっとも気になるのはインパクトが硬い事。見慣れない色使いのアイオマティックは、ABSなのかなぁと思っていたのですが、これはペーパーファイバーということ。インサートというよりも、カーボンシャフトが衝撃を直に伝えるものだというのですね。パーシモン専用というカーボンではないのですが、このシャフトは飛びということに関してはもっとも優れた機能を持つものと言うお話でした。

ロフトは当時の基準で11度くらい。正確にスペックを測ってみると、長さは43.5インチ、重さは337g、バランスはD3ってぇことでした。結構重かったね。やっぱり曲がらないのはシャフトのおかげなんですかねとか、パーシモンを楽しんでいると、どうしてもスチールの出番が多くなって、なぁんて話をしてみると、このシャフトが先調子で、重さも75gくらいある。さすがに古いパーシモンに比較すれば軽いかもしれないけど、今時のモダンウッドと比べれば、長さの要素を考慮すればほとんど同じ感覚で振れる、ってな話になる。

マスダと一緒で違和感がなかったのはそんなところなんだね。ブログ主的にはこの趣味で気になるのは、適切なセットとしてのフェアウェイウッドがないこともお話してみた。年式が違えば、ロフトが合わないし、クリークなんかはフェイスが気持ち悪いほど左に向いているものも多いでしょってね。そしたらね、出てくるんですよ、いろいろと。いいなぁ、振り回してみたいなぁ。

シャフトの挿してある完成品もいくつかあって、インサートやソールプレートもいろいろ。今、このドライバーに合うフェアウェイウッドって、お願いできるんですかね、って話には即座にもちろんとのこと。荒削りブロックのパーシモンもあるし、ターボテックの同じシャフトも在庫にあるとのこと。唯一同じ色のインサートだけがないかもしれないってぇ事でしたが、まぁ、この趣味では到底手の届かない範囲と理解し、コストを聞くのは野暮ってぇことで。

新たに仕入れたお話は、実はこのパーシモン、国産だそうです。トウ側にはUSAパーシモンとありますが、当時からしてアメリカものが優れていたという話で、国産パーシモンなんて製品としての謳い文句にはならなかった。今で言うと商品掲示法に抵触しますが、国産パーシモン、すなわち東北地方の柿だったんですって。北の方の木材でないと、目の詰まった木目と堅牢さ、耐久性が出ないとのことでした。国産とは思わなかったなぁ。

やっぱりね、パーシモンという材質で、いろいろとオーダーには細かく対応できるわけで、フェイスの仕上げは多くのものがスクエアに仕上げてきたとのことですが、シャフトの入れ方でフック目にしたり、オープンにしたりと様々な工夫をお伺いしました。

フェイスが捻じれていると、イメージがいいんですけどねぇ、なぁんて話をすると、フェイスの輪郭を工夫することで、そういう風に見える工夫もあるとのこと。トウのトップを広く見せればロフトが寝ているように見えるし、ヒールのソールを広くフェイスにとれば、フック目に見えるということ。そんな好みのプロも昔いたなんてぇ話も出てきます。

パーシモンならいろいろできるんですねぇ。メタルじゃあり得ない世界。パーシモンは深いよねぇ。また楽しいお話を色々と聞いてきたネタでした。

ムシムシした今日は、子ニャンコママが、伝統的にこれが猫デショ、っていうスタイルでくつろぎ中。猫背に前足、アゴの出方なんかは、昔っからのこれが猫ってぇ格好だね。


 

PR

コメントは受け付けていません。